cotorocotoro

ワンオペ育児から自然にイクメンを育てた共働き女子。心のミニマリストへ挑戦中の呟き。

得する【友チョコ作り】!

f:id:cotoronanami:20190209173531j:plain

バレンタインディー!毎年のように友チョコ作りに精を出す子どもたち……

子どもが小学生になってから、毎年のように繰り広げられる友チョコ作り。

簡単そうに見えて以外に手間がかかり、毎年のように『買った方が早い』と思うのですが……

子どもと一緒にバレンタインディーのお菓子作り

①どのお菓子を作るか子どもと一緒に計画を立てる

●お菓子の種類を決める(チョコレートorクッキーorケーキなど)
●選択したお菓子をWebで検索する
●どのような方法で作るか決める
●誰に渡すか決める
●材料を購入する日・調理する日と友チョコを配る日を決める

【子どもが得すること】
☆お菓子作りで準備や計画の重要性を学ぶ
☆パソコンの利用方法・ローマ字入力方法を学ぶ

②材料やラッピングを購入する

選択したお菓子に必要な食材やラッピング類を購入する
→小学低学年ぐらいまでは、親と一緒に店へ行き購入する
→小学中学年ぐらいからは、子どもだけで近所の店で購入する

【子どもが得すること】
☆子どもだけの買い物
→必要な商品を探せない場合は、対処方法の実践ができる
→所持金内で購入することで計算力を活用させる

③お菓子作り

Webで調べた調理方法を子どもと一緒にする
→なるべく子ども主体で調理する

【子どもが得すること】
☆自分で作ることで調理の楽しさや大変さを学ぶ
☆準備から後片付けまで行う大切さを学ぶ

④バレンタインディーのお菓子を配る

バレンタインディーのお菓子を学校に持参することを禁止している学校
→放課後に子ども同士が待ち合わせて渡す
→住所を知らないお友達宅へ行く場合や時間が遅い場合は、親が一緒に付きそう

【子どもが得すること】
☆学校のルールを知り、守ることを学ぶ
☆お友達宅への訪問では、配慮やマナーが必要なことを学ぶ


このように友チョコ作りは子どもの勉強になることばかり……
だけど親としたら、ひとつひとつ教えて見守って、後片付けして、手間がかかることばかりでため息がでる。

でも楽しそうにチョコ作りをし、指についたチョコや残ったチョコを美味しそうに食べる子どもの笑顔を見ると…まあーいっかと笑顔になります。

やっぱり甘いものと子どもの笑顔は最高ですね!


f:id:cotoronanami:20190209173528j:plain

いつも読んで下さってありがとうございます。
読者登録ありがとうございます☆