cotorocotoro

ワンオペ育児から自然にイクメンを育てた共働き女子。心のミニマリストへ挑戦中の呟き。

女性の新しい生き方

f:id:cotoronanami:20190113181425j:plain



先日、日本男性の平均家事時間が発表されました。県別で最高27分最低14分という結果でした。最高と最低の差はたった13分…共に30分以内… 

 

「これありえね~」

 

要するに日本の男性は、家事をしてないとも取れる発表です。

イクメン面している男性の顔が、思い浮かびます。

 

少し手伝って、「俺ってイクメン」という夫にハラワタが煮えくりかえっている女性は、共感してくれると思います。

だって本当のイクメンは、「俺ってイクメン」と自己アピールをしません。家事をすることが日常生活で当たり前になっているので、自己アピールの考えに及ばないのです。 

そのようなイクメンは、夫婦2人で家事をすること、しいては家族全員で家庭の仕事をすることを目標とします。

 

日本男性のように、「男性は家事をしなくてもよい」との共通認識が世界にあるのなら、日本女性は改善できないとあきらめますが、世界には男女平等に家事を行なっている国々が実在するだけに、日本女性は腹立たしくてたまりません。

 

これは日本政府の高度成長戦略のミスと、日本文化の古い習慣や思い込みの結果です。

日本の高度成長戦略とは、『アメリカの専業主婦スタイルはとても素晴らしい』と情報発信でアピールし、配偶者控除を設けて妻を専業主婦に縛り、男性を好きなように利用して、オーバーワークをさせたことです。

 

これって今のブラック企業のやり方と同様じゃん!

 

日本政府のやり方は昔から変わらず、過去に災害で立ち直れない日本国民に『南米アメリカ大陸には広大な土地があり、開拓によりお金儲けができる』とアピールし 、過酷な荒れ地に日本国民を送り、サバイバル生活を負わせました。

日系人のルーツは日本政府の過ちです。

 

これと同様、日本政府は専業主婦政策で女性を家に閉じ込め、現在のワンオペ育児・家庭崩壊の問題を作りました。

でも今さら、国に頼っても改善の兆しは乏しいです。 

だから女性は、自分の今までの考え・環境を当たり前に捉えず、少し疑ってみましょう

 

自分の好きなジャンルやSNSに固執すると偏った捉え方に傾きやすいため、新しい考えや環境について視野を広げれるように、「情報の取得方法」にも配慮しましょう。

以外にも昔ながらの情報取得方法(新聞・雑誌など)が、視野を広げるために役立つことがあります。

 

多くの方は、「女性だから○○○」との捉え方を子どもの頃から植えつけられ、疑わずに「古い捉え方」に沿って生活をしています。

古い捉え方に沿う生活は、現代の新しい生活スタイルにそぐわず、歪みが生じています。 

そこから心理的ストレスを抱える方が増幅しSNSに救いを求めるのですが、精神が病んでいると「悪意のある情報・偽りの情報」に翻弄されやすく、負のスパイラルに陥る方が増えています。

最近は企業によるSEO対策のためか、SNSで本当に欲しい情報が素早く収集できず、結局SNS以外からの情報取得方法に頼る場面が増えています。

 

SNSは便利ですが、すべてSNSに頼ると新たな問題が生じやすいため、先人が培ってきた情報取得方法とSNSをバランスよく活用しましょう。

そこから新たな世界が始まっていきます。

 

「自分の育った環境の基準」・「昔ながらの古い思い込み」・「現代に通用しない情報」を捨て去り、心機一転新しい環境に取り組みましょう。

 

f:id:cotoronanami:20190113181425j:plain

 

いつも読んで下さってありがとうございます。

読者登録ありがとうございます☆